エコスクール認定制度
エコスクール認定を2012年4月より開始しました。




 NPOエコスクール推進協議会では、小中学校を対象として、エコスクール認定事業を2012年4月より開始しました。この認定制度は、学校で整備された環境施設(太陽光発電等をいう。)を利用して、環境教育を有意義に実施している学校をエコスクールとして認定するものです。



 NPO法人エコスクール推進協議会では、エコスクールの普及促進を支援するために、学校施設の充実と構内での環境への取組み活動の両面からのアプローチが不可欠であるとの認識に立ち、こうした取り組みに熱心な学校を「エコスクール」として認定し、その取組み状況を広く周知し、可能な限りの情報を提供することによって、先例的な活動を他の学校への参考情報として、提供いたします。



エコスクール認定実施要領



1  認定対象校  公立及び私立の小学校・中学校
2  認定の要件  環境施設の整備とその施設を利用した環境教育の取組みが認定要件です。
 (注)当制度は学校のエクスクール度を総合評価するものではなく、
    また環境施設の充実度を評価しようとするものでもありません。
3  申請時期  随時受付けています
4  申請から
 認定までの流れ
 @ 所定の申請書類を受理
 A 判定委員会で書類審査
 B 認定の可否を申請校に通知
 C 認定証を送付及び当会HPに公表
  (申請から認定まで約2カ月掛かります)
5  申請書類  @ エコスクール認定申請書(所定様式)
 A 認定対象の環境施設の概要(写真貼付のこと)(自由様式)
 B 認定対象環境施設を利用した環境教育の実施内容
 C その他補足説明資料(必須ではない。必要があれば提出)
6  認定校の公表  @ エコスクール認定校を当会HP上で公表します。
 A 認定の対象となった環境施設を明示します。
7  認定期間  1年間。但し、更新可能とします。
8  申請・認定費用  ・申請及び認定に係わる費用は無料です。
 ・認定証の発行費用は無料です。



(対象となる環境施設の例)
新エネルギー等 省エネ・省資源等 自然との共生等
・太陽光発電 ・断熱化(窓、壁等) ・緑化(校庭、屋上等)
・太陽集熱器 ・日除け(庇、ルーバー等) ・芝生化(校庭、屋上等)
・風力発電 ・省エネ型設備 ・ビオトープ
・温度差熱利用  (照明器具、空調等) ・地域材等による木質化
・バイオマス熱利用 ・デマンドコントロール ・リサイクル建材の使用
・燃料電池 ・雨水利用 ・生ゴミ処理設備
・小水力発電 ・排水再利用 ・自然採光、自然換気など



認定された学校のメリット



@ 環境教育に熱心な学校であることをPRできます。
A 環境施設の充実した学校であることをPRできます。